bambina+ blog

コンペと家具デザイナー 2016 年 12 月 4 日 日曜日

こんにちは、キムラケイゴです。

旭川コンペや家具デザイナーについていろいろと調べてわかったことがあるので書いてみます。
長いので興味がある人だけ読んでください。

旭川コンペは今回がちょうど10回目で、今の形式のコンペは今回が最後かもしれないということがわかりました。最初から10回を一つの区切りとして考えられていたようで、次回からは形式が変わるかコンペ自体がなくなるかもしれません。なくなるとすると非常に残念ですが今回自分の現時点での最高傑作を出品できたので良かったです。一次審査を通ることがあれば二次審査にも全力を尽くして望みたいと思います。
しかしこの世界最大のコンペで賞を獲ったからといって家具デザイナーとして活躍できるかというとそれは全く違う話のようです。そもそも家具デザイナーという職業自体が非常に希少で不安定な仕事で、家具メーカー所属のインハウスデザイナーを別とするとフリーで生計を立てている家具デザイナーは数えるくらいしかいないのではないかと思われます。現在日本においては、有名家具デザイナーは存在しないといっても過言ではないと思います。一人でも名前が思い浮かびますか?家具デザインもするプロダクトデザイナーであれば深澤直人氏やnendoの佐藤オオキ氏などが活躍されていますが、家具デザインをメインとしている人はいないと思います。そんな中でも個人で仕事をされているとある家具デザイナーのブログに書かれていましたが、一度デザインしてもそれが売れなければ廃番になって収入はなくなるので、ヒット作を生み続けることができずにジリ貧になり、廃業する人も多いという厳しい世界のようです。それとマスコミでよく取り上げられるデザイナーは奇抜なアイデアや物珍しい発想の家具をよくデザインするけどそれはデザインのためのデザインであってそんなものは消費者に受け入れられず在庫の山を作って消えていくことも多いとも書かれていました。その点に関していうと私は家具職人として直接お客さんの要望を聞き家具作りの技術もわかっているので、もし今後家具デザイナーとして仕事をする機会があるとすれば今までの経験は非常に大きなアドバンテージになってくれるのではないかと思います。家具デザインは非常に厳しい世界だとしても非常にロマンを持てる仕事なので人生をかけてこれから頑張ってみたいところです。

コメントをどうぞ