bambina+ blog

将棋の話。 2016 年 11 月 13 日 日曜日

こんにちは、キムラケイゴです。

映画「聖の青春」公開記念ということで将棋について書いてみます。

内容は
1 将棋に関する本の紹介
2 人工知能 vs 人間について
です。


私は将棋は全く強くないですが将棋に関する物語、逸話などには興味があります。
まずは将棋に関するおすすめの本です。

奇しくも3冊とも感動的で泣けるノンフィクションです。
私が感動した順に紹介します。

「将棋の子」

プロ棋士を目指す奨励会のノンフィクション短編集。地方で神童と言われた子供ばかりが集まりそこから脱落していく人たち。特に感動したのは、地方から母親と二人で上京してきたものの挫折しついには奨励会を辞めてしまったけれど母親にはそのことを言えずにいた息子が真実を話した時の話。泣きました。超オススメです。

「泣き虫しょったんの奇跡」

奨励会で脱落した瀬川氏がアマチュアとして快進撃を続けついには将棋界を動かし史上初のアマチュアからプロへの道を自ら切り開いたノンフィクション。小学校の先生からの手紙に涙が出ました。オススメです。

「聖の青春」

29歳で夭折した天才棋士村山聖のノンフィクション。将棋に命をかけた情熱と、母親をはじめ周囲の人の愛情に感動します。オススメです。



2 
最近の将棋界の最大の関心事は、何と言っても人工知能と羽生さんの対戦が実現するのか、ということです。(最年少プロ棋士の誕生やスマホ不正疑惑もありますが汗)


羽生善治王位・王座・棋聖

将棋界で現在最強は誰かと言われればやはり今でも羽生さんです。もちろん負けることはありますが、勝率、タイトル獲得回数などその戦績は傑出していて、他のプロ棋士と比べても頭一つ出ている感じです。

コンピュータと人間の戦いは2年前までは電王戦として団体戦で行われてきましたが、昨年より叡王戦(えいおうせん)という新しいタイトルが作られそのタイトルを勝ち取った棋士一人が電王戦で最強のコンピュータと戦うという形になりました。
そして昨年は山崎叡王がコンピュータにコテンパンにやられて、人工知能が人間を上回ったのは間違いないと思われるところまできていました。


昨年の電王戦で頭を抱える山崎叡王

そんな中、それまで多忙を理由にコンピュータとの対戦にエントリーしていなかった羽生さんが今年の叡王戦にエントリーして将棋界の話題となりました。コンピュータの進化はすさまじく、さすがに今年が勝てる最後のチャンスと思ったのではないかと個人的には考えます。実際問題としては人間が勝てる可能性は低いと思いますが、羽生さんなら何かが起こるかもと期待はもてます。

叡王戦について

そして今日の段階で羽生さんは準決勝まで進んでいて夢の対決まであと2勝まできています。11/14日(月)の18時よりニコ生で準決勝が放送されますので興味のある方はご覧ください。

人類最後の砦、羽生さんと人工知能の戦い、これは楽しみすぎます。羽生さんが負ければ、もう人間はコンピュータに勝てないと断言しても誰も怒らないでしょう。
将棋ファン全てが待ち望んだ夢のカードまであと少し、何とか実現して欲しいものです。

コメントをどうぞ