bambina+ blog

パルプ・フィクション 2016 年 7 月 10 日 日曜日

こんにちは、キムラケイゴです。

まずお客様へのご連絡です。
昨日お電話にてナインチェストをお問い合わせ頂きましたお客様へ。
お問い合わせどうもありがとうございました。
送料はクロネコヤマトのヤマト便にて3500円程度で送れそうです。
ご希望であれば詳細な家具の写真を送ることもできますし、正確な住所を教えて頂ければ正確な代金も出せますので、またお電話かメールにてご連絡頂けましたら幸いです。きれいに仕上がっているナインチェストがございますのでよろしくお願いいたします。


こちらが現物の写真になります。



それからショップスタッフ募集の件ですが、7月末からの勤務希望と書いていましたが、無理であれば8月やそれ以降からでもある程度は合わせられますのでご検討ください。興味のある方はまずは一度面接でなくてもお話しを聞きに来られるだけでも大丈夫なので連絡してみてください。よろしくお願いします。



個人的な興味から最近南米からアメリカにかけての麻薬取引に関連する本や映画を漁ってます。
「メキシコ麻薬戦争」という本を読みつつ先日はそのメキシコ麻薬戦争最前線を取材したドキュメンタリー映画「カルテルランド」を見てきました。凄い映画でした。そして昔見たアルパチーノの「スカーフェイス」も改めて見てみました。今でも充分面白い映画でした。ここ数年で麻薬によってメキシコがとんでもないことになっているのですがそのことについては後日まとめて書くとして今回はその流れで見たパルプ・フィクションについて。

麻薬がメインテーマの映画ではないですがギャング映画の流れで無性に見たくなって数年ぶりに見てみました。とはいえ、コカインやヘロインは当然のように出てきてある一場面では映画の重要な要素になってます。ご存知の通りこの映画は時系列がバラバラになっていてストーリーが分かりにくく今までそこは放置していたのですが今回一度見た後にネットで解説やトリビアを読んでもう一度見て、この映画がタランティーノの最高傑作であるだけでなく映画史に残る最高傑作映画の一つだと確信しました。
時系列をシャッフルするという革新的な手法を使った先駆けの映画であり(違っていたら教えてください)、のちにフォロウイングやメメントなど同様の手法を使った名作もたくさん生まれています。パルプフィクションの冒頭で一組のカップルが強盗を企てる有名なシーンがありますが、その場面でラストシーンでトイレに行くヴィンセント(ジョントラボルタ)の後ろ姿が写っているのを二度目に見て発見したときは感動しました。

この映画の魅力を一言でいうのはとても難しいのですが、一番は何といっても人間味溢れるキャラクターが繰り広げるタランティーノ独特のとりとめもなくダラダラと続く会話の数々とあってないようなストーリーだと思います。そこに最高の音楽と予想外の展開、派手なアクションなどが加味されて本当に見ていて飽きない映画です。
一度見て時系列がよく分からなかった方は解説を読んで再度見ることをお勧めします。


最高にかっこいいオープニング。(ヴィンセントが出てくるのはこの少し前)

コメントをどうぞ