bambina+ blog

ハギ 2016 年 5 月 1 日 日曜日

こんにちは、キムラケイゴです。

まず、ブラックウォルナットのトレスルテーブルの写真です。

W1500 D850 H700 200,000yen(税込)

非常にいい色が出ていると思います。
ブラックウォルナットは白い部分が黒い部分と同じくらいあり、黒い部分だけで作るのは非常に無駄が出ますので、今後は白い部分も多少は入れて作っていくことにしました。
白といってもオイルを塗ると黄金色になるので全体として美しさはキープできると考えています。

組立式ですので遠方発送も可能です。
ウォルナットは最近価格が急騰していますのでこの価格ではなかなかないと思います。




今日は工房から、木工には欠かせないハギについて書きます。

ハギは感じで書くと接ぎです。
板を幅方向に接合してより広い板を作る技術で、本格的な家具作りには必ず必要な技術です。接ぎ合わせるとか言います。

まず板の側面を手押し鉋盤という機械を使ったほぼ完全な平面にします。実際は中スキといってわずかに(0.1〜0.5mm程度)真ん中が凹むようにします。そうすることによって圧締した時に両端がしっかりつくようになります。

そして上下にずれないようにビスケットといわれるものを入れる穴を開けて、強力なボンドをつけてビスケットを入れて、両側から上下交互にハタガネで思いっきり締め上げます。そして最後に立てた状態がこれです↓

2mのカウンターテーブル用の板を作ってます。

ポイントはハタガネを上下交互にきれいに配置することと、バランスよくとにかく思いっきりの力で締め上げることです。原始的ですがこれが確実に大量にハギをする方法としては最善だと思います。

それから一晩置いて、改めてカンナをかけてきれいな板を作って、そこから木組みの加工などを進めていきます。

そして形になったカウンターテーブルがこちらです。↓

材料はブラックウォルナットです。

先週納品させて頂きましたので詳細はまた後日ご報告します。

コメントをどうぞ