bambina+ blog

最近読んだ本 2016 年 4 月 10 日 日曜日

こんにちは、キムラです。

本好きの人の参考になればという意味も込めて最近読んだ本の紹介です。

正確には読んだ本と読みかけの本と読む予定の本です。


「天才」石原慎太郎
現在のベストセラーです。ただ行間の空白が多く詰めたらページ数は半分くらいになりそうです。内容は、総理に上り詰めるまでの部分は興味深かったですが、ロッキード事件以降は個人的にはそんなに興味は持てませんでした。


「オリーブ・キタリッジの生活」エリザベス・ストラウト
日経で石井正則さんが紹介されていたのを読んでアマゾンで購入。読みたくなったら読む予定。まだまだ知らない人生、風景がある、とか。



「八甲田山 死の彷徨」新田次郎
映画でも有名な八甲田山事件のノンフィクションです。読みかけです。面白いです。


「誘拐」本田靖春
誘拐報道を変えるきっかけになったと言われる吉展ちゃん事件のノンフィクションです。警察の大失態もあり身代金を奪われた上に殺されるという結末に至りました。


「コンテンツの秘密」「鈴木さんにも分かるネットの未来」「ニコニコ哲学」川上量生
カドカワ社長(旧カドカワドワンゴ)の川上さんの本3冊です。前者2冊は買ったばかりで未読です。ニコニコ哲学は、川上さんの常識では考えられないけど言われてみれば確かに納得というような哲学が詰まった本で非常に興味深かったです。ひとつあげると、やりたいことなんかどうでもいいという話。おすすめです。


「羽生善治 戦う頭脳」羽生善治
読みかけです。過去のインタビュー、対談、などなどまとめた本。将棋界の唯一無二の存在、いろいろ勉強になることが書いていそうです。

コメントをどうぞ