bambina+ blog

ドワンゴ  2013 年 11 月 4 日 月曜日

こんにちは、キムラです。

工房では注文品と定番の補充品を作りつつ、私はコンペ用の作品作りのために割く時間が多くなってきました。
とりあえず一つ目の作品はできました。メイプル材のテーブルです。これから二つ目のブラックウォルナット材の無目的家具にとりかかります。作品はコンペ終了まで公表できませんのでコンペの結果も含めて来年までお待ちください。


さて、予告通り今回は私が今一番注目している企業ドワンゴとその創業者であり今は会長の川上量生氏について書いてみたいと思います。

ドワンゴを特集したカンブリア宮殿を見て私は衝撃を受けました。
ドワンゴという会社自体、そして川上会長に大変興味を持ちました。
とにかく頭がいい人で、だけどイヤミがなくてファンになり、さらに
ドワンゴは世界的な企業になるポテンシャルを持っていると感じたからです。

先日、川上さんの本が出たので、数年前に出版されたドワンゴを取り上げた本と合わせて2冊買って読んでみました。


ルールを変える思考法 川上量生


ニコニコ動画が未来を作る ドワンゴ物語 佐々木俊尚

どちらも面白かったです。
川上会長が超オタクで、ドワンゴがゲームオタクが集まってできた会社で技術力がすごい会社だということもわかりました。

川上さんの本の中で印象的だった言葉を挙げると、、
・競争相手が出てきたらそのビジネスからは撤退したい
・人の感情を動かすのは「わかりそうで、わからないもの」

またカンブリア宮殿の中では
・ニコ動では革命的なことが起こっているが現実社会はまだピンときていない。
・今の時点で世界で戦うのは難しいと思っている。
 ただその機会は伺っているし、そのポテンシャルもあると思っている。
という発言もあり、現状を冷静に分析しつつ世界で戦う意欲もかいまみえました。

とにかく川上会長の洞察力と発想力、それとドワンゴの自由な社風などを見ていると、そこから世界で戦えるようなサービスが生み出されることは充分あり得るのではないかと思いました。
間違ってもオワコンのグリーからは生まれないと思います。
安易に世界進出を目指したグリーは大失敗しました。
海外拠点閉鎖のグリー、焦点は国内リストラ
グリーの誤算〜業界内で進むグリー外し

そして面白いのが東証一部上場企業であるドワンゴの会長が、ジブリに週5日通っていることです。ジブリの鈴木プロデューサーに弟子入りしているのです。なにかを必死に学ぼうというような姿勢でもないようですが、いずれその経験がドワンゴで生かされるのではないかと期待しています。

ドワンゴの株価は一時アベノミクス開始前の7倍以上にあがっていたのですが、それが3倍くらいまで落ちてきていてかつ分割されて買いやすい値段になっていたので応援する意味も込めて先日少し買ってみました。
そして株主として少しでも貢献できるようにニコ動のプレミアム会員(月会費525円)にもなってみました。オタクではないのでそんなに見るのはないかなぁと思っていましたが、ここでしか見れない生放送の対談などで充分元はとれそうです。先日も川上会長と秋元康と岩崎夏海さんの対談を見たらかなり面白かったです。

ビジネスに興味のある方には川上会長の本はおすすめです。

参考→ゲリラ戦法をドワンゴの川上会長から学ぶ意味

コメントをどうぞ