bambina+ blog

旅のキレハシ:ギリシャ 2012 年 6 月 19 日 火曜日

こんにちは、キムラです。

旅のキレハシシリーズ、今回は最近話題のギリシャです。

ギリシャへは15年くらい前、イタリア留学を終えて、トルコへ行った帰り道に寄りました。
船で、トルコのマルマリスという港町から、ロードス島→コス島→アテネ→パトラ(港町)→バーリ(イタリア)という道程です。

本当は白い建物が美しいサントリーニ島に行きたかったのですが、諸事情により行けませんでした。

サントリーニ島

ギリシャと言えば、思い出すのが面白い言葉の響きです。
こんにちはが「カリメーラ」、大衆食堂が「タヴェルナ」など。
当時は通貨がまだ「ドラクマ」でした。その響きが好きでした。

ギリシャの島ではひたすらビーチで過ごし、昼になればタヴェルナでビールを飲みながらイカリングを食べました。至福の一時でした。

イタリアで知り合ったアメリカ人の女の子が、コス島でリゾートバイトをしているということだったのでコス島に遊びに行きました。
到着初日はうまく落ち合えず、夜も遅かったためその子のとこに泊めてもらうつもりだった私は路頭を彷徨い、仕方なく電気店から大きなダンボールを拝借して空き地のようなとこでそれにくるまって寝ました。
今思えば身ぐるみはがされなくて良かったと思います。
その経験以来、屋根があって暖かい布団で眠れるだけで幸せだと思うようになりました。
ともかく次の日にその子と会えて、その友達のギリシャ人とも仲良くなり、コス島では楽しく過ごしました。

アテネではアクロポリスの丘など観光して、安宿で知り合った日本人や、アテネで暮らしている日本人と会ったりしました。

アクロポリスの丘

アテネで会ったアテネに長く暮らしているという日本人の女性はかなり強烈で、いろんな話をしてかなり刺激を受けたのですが(アテネの日本人には有名だと思います)、まあいろんな価値観があるなということを体感しました。
自分は海外で長く暮らすのは、食事の問題(日本食が恋しくなる)、情報の問題(日本語の本が読みたくなる)、という2つの問題から無理だとわかりました。

ギリシャの印象としては、やはり全体的にのんびりしてるなーという感じでした。
そして女性はきれいで、男性もかっこいいです。
ギリシャ彫刻のような肉体美を賞賛する文化が発達する理由がわかりました。

コメントをどうぞ