bambina+ blog

僕はこんな本を読んできた。 2012 年 6 月 12 日 火曜日

こんにちは、キムラです。

時々、発作的に読書したくなります。
面白い本に出会うと、連鎖的に読みたくなりますね。

最近買った本と読んだ本を紹介します。

左上から
「弱い日本の強い円」
「円高の正体」
「公安は誰をマークしているか」
「生物学的文明論」
「人生で本当に大切なこと」
「ワセダ三畳青春期」
「思考の整理学」
「ブラック・スワン降臨」
「密閉国家に生きる」
「国家破産」
「グーグルで必要なことはみんなソニーが教えてくれた」
「選択の科学」
「そらをみてますないてます」
「どん底」
「木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか」
「采配」
「サブカルで食う」

新聞広告や雑誌で紹介されていて、面白そうだったらアマゾンで評価を見て買うというのが最近のパターンです。
買ったはいいけど読まないというパターンも少なくないです(笑)
上の本はだいたい面白いと思いますので興味のある方は調べてみてください。

乱読派ですが、小説はあまり読まなくなりました。
写真の中では「そらをみてますないてます」だけが小説ですが、椎名誠の自伝的小説なので半分ノンフィクションです。
ビジネス、ノンフィクション、社会科学系の本などをよく読みます。

今読んでるのは「木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか」です。
日経で絶賛されていてTVで爆笑問題の太田氏も絶賛していたので買ってみました。
半分くらいまで読みましたが、確かにすごい本です。読み応えがありすぎます。
詳しくはまた後日紹介したいと思います。

ちなみにブログのタイトルは立花隆氏の著書よりの引用です(笑)

コメントをどうぞ