bambina+ blog

納品:ベンチ2つ、アマルコルド 2012 年 6 月 3 日 日曜日

こんにちは、キムラです。

ベンチを2つ納品しましたので紹介します。

1つ目は4本脚のベンチです。
すでにカウチェアを購入されたお客様から、カウチェアと同じ感じのデザインということでオーダーを頂きました。

こんな感じになりました。

チェリー材 W1000 D300 H420 70,000yen

T様どうもありがとうございました。

実は最初カウチェアと同じほどの深さに座面をくって作ったところ、ベンチの”ふち”がもも裏にあたって痛かったので浅めにして作り直しました。

想定外の出来事でしたが明らかなミスでした。

結局ミスした分は高さを低くすることでもも裏が当たらないようにして、靴を履くのに使ってもらう玄関ベンチとして提案することにしました。それがこちらです。

玄関ベンチ W1000 D300 H380 70,000yen
お店に置いてます。



2つ目は定番のウェーブベンチのサイズ違いのセミオーダー品です。

こちらのお客様には、テーブル、そして椅子一脚ずつを時間をかけて買い揃えて頂き、最後にベンチでダイニングセットが完成しました。


お客様の希望でウェーブの片面だけを凸凹削りにしています。


ウェーブベンチ W1300 D320 H420 84,000yen

H様いつもありがとうございます。
お子様も少しは私に慣れてきてくれているでしょうか?笑



今日のお店BGMはこれでした。

Amarcord Nino Rota / Hal Willner

独創的なプロデューサーのハル・ウィルナーが1981年に発表した、ニーノ・ロータ作曲のフェリーニの映画音楽を、ジャズ系の個性的なミュージシャン達がカヴァーしたアルバム です。

このレコードについて解説してくれているページがありましたので、詳しくはこちらをご覧下さい。

ニーノ・ロータはフェリーニのほとんどの映画音楽を担当し、また「太陽がいっぱい」や「ゴッドファーザー」の音楽も担当したイタリア映画音楽界の巨匠です。

このレコードのタイトルにもなっている「アマルコルド」はフェリーニの傑作で、「道」や「81/2」ほど有名ではありませんが、映画好きには評価の高い一本です。
私の好きな映画ベスト5に入ってます。
イタリアの一つの街の日常と人間模様を妄想も交えながらただひたすらに綴っただけの映画ですが、それがニーノロータの音楽と合わさってまさに”古き良きイタリア”というイメージが描き出されています。
こういう映画が撮りたくて映画監督になった、という人が多いという話もあります。
「ギルバートグレイプ」という映画で、知的障害者役のレオナルドディカプリオが鉄塔に登って降りてこないというシーンがあるのですが、それはこの「アマルコルド」で同じく知的障害の人が木に登って降りてこないというシーンへの明らかなオマージュだと思われます。
DVD化されてないのが残念ですが、私はビデオを持っているのでお店に置いておきます。
興味がある方は尋ねてください。

ちなみにアマルコルドとはイタリア語の方言で「私は覚えている」という意味らしいです。
a ma rcord=a me ricordo (ricordoは英語でrecordの意味)

こんな映画でこんな音楽です↓

コメントをどうぞ