bambina+ blog

新作:ソロモンチェア 2010 年 7 月 25 日 日曜日

こんにちは、木村です。

新作のダイニング用アームチェアができました。
新作といっても以前に作ったチェア[スプートニク]を改良して名前も改めました。

こちらです。

今回作ったのは注文分の一脚と、お店展示用の二脚です。
以前に作ったタモ材の試作分と並べてみました↓

一番手前がタモの試作分。
最大の改良点は笠木(背中の木)の高さです。
見た目のバランス的にどうかと思いましたが、悪くないと思います。

前からだとこんな感じ。

一番左が注文品で幅を4cm広くしたセミオーダー品です。
体格の良い男性の方からの注文だったので。
外国のアームチェアはこの注文品くらいの幅が一般的ですが、定番品は日本人の体型に合わせて少し小さめにしています。

私が気に入っているのは笠木の3次元の曲面。

ひとつひとつ手仕事で削りながら曲面を作り上げています。
また笠木と肘の接合部は黒檀の栓を入れて強度をアップしています。

座面も3次元の座グリを施していて、滑り止めも兼ねて鉋の跡を残しています。

木の座面の良いところは、傷んだり汚れたりすることなく、使うほどにお尻で磨かれてツヤが出てくるところです。

ダイニング用、あるいはラウンジ用の一脚の椅子として、オススメです。


ソロモンチェア
チェリー材
W600×D550×H700×SH420
希望小売価格 75,000yen

コメントをどうぞ